レスポンスはまあまあ。グラフィカルなメニューを使ってる割にすぐ反応する。

字幕のフォントには、視覚工学にもとづいた「Uni-Type」フォントを採用し、読みやすさにも考慮しています。
携帯電話を解約後はワンセグを視聴することができません。
連続再生約30時間を実現
3.1インチのワイド液晶で縦でも横でもワンセグが楽しめる富士通製のFOMA端末。ディスプレイ部を左右に90度傾ける「ヨコモーション」でさまざまな機能が呼び出せる。
アドバンストモード時には、字幕が30ドットの大きな文字で表示される。

通信モードをMTPモードに変更して、WMPで転送する。
最大解像度の1500×2000ピクセル、1200×1600ピクセルでは、縦長の画像として記録される。
904iシリーズの1つのウリである直感ゲームには対応しない。
回転するディスプレイを支えるアーム部分に3つのLEDが内蔵されている。LEDを左右へ流れるように点滅させる設定も可能。
「MENU」キー⇒「1」「3」キー⇒「決定」(選択)キー⇒グループ名の入力画面で「グループ」を削除し「タワー」と入力⇒「決定」(確定)キー⇒「電話帳」(登録)キー⇒「スペシャルモードに設定しました」と表示され、設定完了。
不満がなくもない気がしますが、メリットが大きいので、忘れました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。